相続税

死亡保険金と相続税

死亡保険金に関する相続税の前に、死亡保険金と相続の関係について説明します。生命保険契約による死亡保険金は相続財産には含まれません。よって、遺産分割の対象には含まれないということです。何故なら、死亡保険金を受け取る権利は、保険契約で受取人と指定されている人の固有の権利だからです。よって、死亡した被相続人の借金が多かったので受取人でもある相続人が相続放棄をしたとしても、死亡保険金は堂々とその放棄をした人が受け取れます。多少理不尽だと思う人がいるようですが、判例でもそのようになっています。

一方、死亡保険金は相続税法上は相続財産とみなされます。つまり、民法上と税法上の扱いが異なるということでしょう。下記の表は死亡保険金と課税の関係を示したものです。(被保険者Aが死亡した場合)

保険料負担者 被保険者 保険金受取人 課税の種類
所得税
相続税
贈与税

保険料負担者と死亡した被保険者が同一であれば、相続税が課税されます。つまり、受取人が被保険者の相続人である場合は相続により取得したものとみなされて、「500万円×法定相続人の数」までの保険金額は非課税となります。一方、受取人Cが相続人でない場合(相続放棄した人を含む)は遺贈により取得したものとみなされるので、500万円の非課税枠はなく、基礎控除110万円を引いて贈与税の計算となります。この場合でも、もし受取人が相続放棄をした配偶者であれば、配偶者の税額控除(配偶者控除)により、1億6,000万円までは非課税扱いとなります。

つまり、死亡した夫が残した1億6,000万円の借金を相続放棄で逃れて、1億6,000万円の死亡保険金を妻が受け取ったとしたら、税金はどうなるのかは、事前にご確認ください。参考となるページです。

>>相続税が高そうだ!

PAGE-TOP