相続税

相続税が高そうだ!

平成26年12月31日までの死亡により相続が開始した場合の相続税の最高税率は50%でした。これが、平成27年1月1日以後の相続開始(被相続人の死亡)により、最高税率が55%となり、遺産に係る基礎控除が引き下げられました。これにより、相続税を納める必要のある相続人はこれまでの全体の約4%が約6%に増加するようです。つまり、これまで相続税は無縁だと思っていた人が、対象となっているかも知れません。よって、最低限の知識は必要です。

相続税の仕組みと主な計算例(平成26年12月31日までの相続開始の場合)
(1) 基礎控除額=(5,000万円+1,000万円×法定相続人)・・・法定相続人が3人であれば合計8,000万円までは相続税は掛かりません。但し、実子がいる場合は養子の数は1人まで、実子がいない場合は養子の数は2人までしか計算に入れることができません。
(2) 配偶者控除=配偶者の相続額が1億6,000万円以内か、配偶者の法定相続分の金額までの相続については配偶者に相続税は掛かりません。
(3) 生命保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

相続税の仕組みと主な計算例(平成27年1月1日以後の相続開始の場合)
 (1) 基礎控除額=(3,000万円+600万円×法定相続人)・・・法定相続人が3人であれば合計4,800万円までは相続税は掛かりません。以下、同じ。

平成27年1月1日以後の相続開始の場合の相続税の速算表は次のとおりです。これで計算した法定相続人ごとの税額を合計したものが相続税の総額となります。

法定相続分に
応ずる取得金額
税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

※相続税が掛かるかどうか微妙な際は、近くの税理士に相談し、相続税の概算計算をして貰ってください。

>>死亡保険金と相続税

PAGE-TOP