相続用語集

○○条の記載は、民法の条文です。

ひらがな 漢字 用語意味
いごん 遺言 自分の死後の法律関係(特に財産関係)を定めた最終意思の表示。「ゆいごん」ともいう。遺言の内容を記載したものが、遺言書、遺言状である。(960条~)
いごんしっこうしゃ 遺言執行者 遺言の内容を実現するために特に選任された人、相続人の代理人となる。(1006条~)
いごんのうりょく 遺言能力 遺言ができること。満15歳になった者は遺言ができる。(961条~)
いごんのてっかい 遺言の撤回 以前の遺言を撤回する(取り消す)こと。(1022条~)
いさん 遺産 相続によって被相続人から相続人に引き継がれる財産。相続財産ともいう。
いさんぶんかつきょうぎ 遺産分割協議 相続によって相続人全員(共同相続人)の共有となっている財産を各相続人の所有とするための話合い、手続。その結果をまとめた書類が、遺産分割協議書である。(906条~)
いぞう 遺贈 遺言で贈与すること。特定遺贈と包括遺贈がある。
いぞうのほうき 遺贈の放棄 受遺者が、私はいりません、もらいませんとすること。(986条~)
いりゅうぶん 遺留分 相続人に最低限保障されている相続分。被相続人の兄弟姉妹には遺留分がない。(1028条~)
いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん 遺留分減殺請求権 遺留分を侵害されている相続人が、余分にもらっている人に請求すること。(1031条~)
いりゅうぶんのほうき 遺留分の放棄 相続の開始以前に、遺留分は主張しませんとする手続。家庭裁判所の許可が必要。(1043条
かていさいばんしょ 家庭裁判所 家庭内のごたごたについて調停などの申立てをするところ。遺言の検認の申立先。
きょうどういごん 共同遺言 二人以上の者が一つの証書で遺言すること。無効な遺言となる。(975条
きょうどうそうぞくにん 共同相続人 相続の発生から遺産分割をする前の間に、遺産を共有している二人以上の相続人。(898条~)
げんていしょうにん 限定承認 相続した財産の範囲内にて、被相続人の借金を支払うこと。家庭裁判所での手続が必要。(922条~)
けんにん 検認 自筆証書遺言、秘密証書遺言などの状態を確認し、現状を明確にする家庭裁判所での手続。(1004条~)
こうせいしょうしょいごん 公正証書遺言 公証役場で作ってもらう遺言公正証書。検認の手続は必要ない。(969条~)
さいししゅさいしゃ 祭祀主催者 仏壇や墓などを引き継いで先祖の供養をする人。(897条
じひつしょうしょいごん 自筆証書遺言 自分で全て書く遺言。(968条
しぼうききゅうしゃいごん 死亡危急者遺言 死が直前に迫っている人による遺言。3人の証人が必要。(976条
じゅいしゃ 受遺者 遺言で贈与を受ける人、もらう人。
しょうにん 証人 公正証書遺言や秘密証書遺言作成の際、筆記が正確であることを承認する人。立会人とも言う。(974条
すいていそうぞくにん 推定相続人 現時点である人が死んだ場合に、相続人となる予定の人。
そうぞく 相続 ある人が死んで、その人の権利義務を相続人が引き継ぐこと。借金も含まれる。
そうぞくかいし 相続開始 ある人が死んで、相続が始まること。(882条~)
そうぞくかいふくせいきゅうけん 相続回復請求権 本来相続できた人が、嘘の相続人に対して相続分を請求すること。(884条
そうぞくけっかくじゆう 相続欠格事由 悪いことをして、相続人から除外されること。(891条
そうぞくけん 相続権 相続できる権利、地位。胎児(母親のお腹にいる子)にもある。(886条~)
そうぞくざいさん 相続財産 相続によって被相続人から相続人に引き継がれる財産。遺産ともいう。
そうぞくとうき 相続登記 相続によって不動産(土地、建物)の名義を相続人に変更すること。
そうぞくにん 相続人 相続によって被相続人の財産や借金を引き継ぐ人。
そうぞくのしょうにん 相続の承認 相続開始後に相続人が相続することを認めること。単純承認と限定承認がある。(915条~、920条~)
そうぞくほうき 相続放棄 相続開始後に相続すべき権利義務(遺産や借金)を一切引き継がないとすること。家庭裁判所での手続が必要。(915条~、938条~)
だいしゅうそうぞく 代襲相続 本来の相続人である子の代りにその子(孫)が相続すること。相続人である兄弟姉妹の子も代襲相続する。(887条~)
たんじゅんしょうにん 単純承認 相続すべき権利義務を全て引き継ぐこと。(920条~)
ちょっけいそんぞく 直系尊属 父、母、祖父、祖母など。
ちょっけいひぞく 直系卑属 子や孫、ひ孫。
とくていいぞう 特定遺贈 この家、どこそこの預金などと、特に定めて遺言で贈与すること。(964条
とくべつじゅえきしゃ 特別受益者 相続開始以前に、被相続人より特別にもらっていた相続人。(903条~)
はいじょ 廃除 被相続人の意思で、悪いことをした推定相続人を相続人から除外すること。家庭裁判所への請求が必要。(892条~)
ひそうぞくにん 被相続人 死んだ人、相続される人。
ひみつしょうしょいごん 秘密証書遺言 自筆又は代筆した遺言で、公証役場への提出等が必要。(970条~)
ふげん 付言 遺言書の最後の部分に、付け加えて書いたもの。法的拘束力はない。
ふたんつきいぞう 負担付遺贈 一定の義務がセットになっている遺贈。(1002条~)
ほうかついぞう 包括遺贈 全部とか、二分の一とか、一定の割合でもって遺言で贈与すること。(964条
ほうていそうぞくぶん 法定相続分 遺言がない場合に、民法で規定されている相続の割合。(900条

PAGE-TOP