遺留分

長男が遺産を独り占めした!

被相続人の兄弟姉妹を除く法定相続人には、遺留分が認められています。遺留分とは法律で認められた最低限の相続分です。遺言や生前贈与で遺産の多くを愛人などの人にやるのは被相続人の自由です。それでは残された相続人が路頭に迷うことにもなります。そこでこのような遺留分の規定があります。ただ、遺留分に反する遺言や贈与が自動的に無効となる訳ではなく、遺留分権利者は遺留分を侵している人に対して、遺留分減殺請求ができるだけです。そして、この請求は遺留分を侵害されていることを知ってから1年以内に行使しないと時効で権利が消滅してしまいます。

具体的な遺留分の割合は、配偶者や子供などが相続人である場合は、遺産全体の2分の1です。父母などの直系尊属だけが相続人である場合は遺産全体の3分の1です。

そこで、事例の「長男が遺産を独り占めする」方法は、遺言で全て長男に相続させるという内容にしておくか、生前贈与で全て長男に名義変更しておくというどちらかの一方又は双方です。例えば、相続人が被相続人の妻と子供3人であって、本来の遺産が6000万円だったとしましょう。遺言がない場合の法定相続分は、妻3000万円、各子供が1000万円ということになります。もし長男が6000万円全てを遺言で相続したならば、他の相続人は本来の法定相続分の半分、妻1500万円、子供は各500万円を遺留分として長男に請求できます。請求する際は、時効対策として日付を特定できるように、内容証明郵便で請求通知を出すか、長男から支払の念書を取得して公証役場で確定日付を取得しておきましょう。

遺留分減殺請求でもって相続分を回収するには、どれだけ相続財産があったのかを調査できるかに掛かっています。特に、預貯金については調査が難しいです。可能な限り、被相続人の生前中にどこに預金していたか、口座番号を控えたり、通帳のコピーをしておくなどの事前対策が必要です。独り占めをしようとしている推定相続人にばれないようにこっそりとです!

>>後継者(後継ぎ)だけに相続させたい!

PAGE-TOP