相続放棄

3か月後に借金が出てきた!

相続人は、自己のために相続が開始したことを知った時から3か月以内に、単純・限定承認又は相続放棄をしなければなりません。何もしないで3か月経過すると単純承認したことになります。そこで、悪質な金融会社の場合は、3か月過ぎた頃に請求してくることがあります。

このような悪質な行為が認められるのであれば、多くの債権者がまねするでしょう。このような事例については、判例で、「申述人が被相続人の相続財産が全くないと過失なく過信していたような場合には、3か月を超えても、申述が受理されることがある」というものがあります。そこで、このような事例であれば借金を知らなかった事情を詳しく書いて、家庭裁判所へ相続放棄申述書を提出しましょう。提出される際には、弁護士や司法書士などの専門家に前もって相談されることをお勧めします。

ただし、家庭裁判所で相続放棄の申述書が受理さられたとしても、債権者が訴訟を提起すると、その相続放棄が認められなくなることがあります。訴訟をするかどうかは債権者である会社の方針次第ということになります。

>>似て非なる「相続分放棄」
>>借金だけ残して死んでしまった!
>>財産と借金のどちらが多いか分からない!

PAGE-TOP