相続放棄

借金だけ残して死んでしまった!

被相続人が借金だけ残して死んだ場合、その後、相続人が何の手続もせず3か月(熟慮期間)を過ぎるとその借金は相続人が受け継ぎます。つまり、相続人の支払義務が確定するということになります。もし、借金などを支払いたくなければ相続放棄の手続が必要です。相続放棄は相続人が各自でできます。他の相続人の了解など必要ありません。当然、債権者の承諾も必要ありません。それと、相続放棄の手続をする前に、勝手に被相続人名義の遺産を処分(預貯金の引き出し、不動産などの売却など)をしたり、借金の一部を支払ったりすると、自動的に借金も相続したことになります。ご注意ください。

相続放棄の手続は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、「相続放棄申述書」を提出します。申述書は各家庭裁判所の窓口に備え付けてあります。提出に必要な費用として、印紙800円、切手400円分(80円×5)です。添付書類として、被相続人の戸籍謄本(改製原戸籍を含む)と相続人の戸籍謄本(出生から現在まで)です。相続人数人まとめて提出する際は、同じ戸籍謄本は1通で構いません。切手の枚数と添付書類は各家庭裁判所によって異なることがあるようです。提出予定の家庭裁判所にてご確認ください。被相続人の住民票除票や相続人の住民票を求める家庭裁判所もあるようです。また、申述書は家庭裁判所の窓口に相続人(の代表)が直接持参するのが間違いないのですが、郵送でも提出は可能です。

提出後、1週間ぐらいすると家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が申立をしたそれぞれの相続人に届きます。この照会書の中には、いつ相続することを知りましたか、相続放棄をするのは何故ですか、被相続人の財産を処分したことはありませんかなどの質問が書いてあります。この申述書については、適切な回答をし家庭裁判所へ返送します。特に問題がなければ、その後1週間ぐらいすると「相続放棄受理通知書」が送られてきます。この通知書には、「相続放棄が受理されました(認められました)」と書いてあります。これによって、放棄が認められた人は最初から相続人でなかったことになります。つまり、借金もプラスの財産も一切相続しない(できない)ということです。

被相続人が残した借金の債権者から請求が来た場合は、相続放棄の手続をした旨伝えて、受理通知書を送付すれば以後の請求は来なくなります。ただ、第一順位の相続人(配偶者や子供など)が相続放棄をすると、第二順位の相続人(父母など)が相続人となります。父母などについても相続放棄をする場合は、第一順位の相続人が相続放棄をしたことにより自分が相続人となったことを知ってから3か月以内に手続が必要です。この第二順位の相続人の相続放棄が認められると、第三順位の相続人(兄弟姉妹)が相続人となるので同じような手続が必要になります。

兄弟姉妹まで相続放棄の手続をすると、借金は誰も相続しなかったことになります。つまり、債権者は誰にも請求できません。但し、相続人が保証人になっていた場合などには当然支払義務は残ります。保証債務までも免れたい場合は、自己破産などの手続が必要です。関連サイト「保証人の掟」をご覧ください。

>>財産と借金のどちらが多いか分からない!
>>3か月後に借金が出てきた!
>>似て非なる「相続分放棄」

PAGE-TOP